TOP > ほうれい線の基礎知識

ほうれい線の基礎知識

そもそもほうれい線ってどうしてできるの?????

ほうれい線が増えることで、実年齢よりも5~10歳老けて見られるといわれています。ほうれい線は加齢によってできると考えている人も多くいますが、加齢以外にも原因があります。その原因には、「紫外線による乾燥」など肌の状態や、「ストレスや睡眠不足」などの生活習慣、「表情筋の衰え」などが挙げられます。加齢と共に溜め込んだ紫外線は、徐々に皮膚の表面へ現れ、肌の乾燥へと繋がります。ストレスや睡眠不足は心と体に負担をかけてホルモンバランスを崩し、肌トラブルの原因となります。また、ほうれい線ができる原因で他に挙げられるのは喫煙です。喫煙は、美肌に必要なコラーゲンやビタミンを減少させる効果があるため、喫煙者は肌トラブルを発症しやすいです。何気ない行動を重ねていることで、ほうれい線が着々と肌に刻まれているかもしれません。これらの原因をしっかりと把握し、予防または改善してほうれい線を消す努力をしましょう。

そもそもほうれい線ってどうしてできるの?????

ほうれい線は誰でもできる?????

ほうれい線は、「加齢によってできるもの」だと考えている人も少なくありません。しかし、ほうれい線は「産まれたばかりの赤ちゃん」にもあります。つまり、誰にでもほうれい線は存在します。『赤ちゃんの肌ってツルツルだよね?どこにあるの?』と思う人もいるでしょう。赤ちゃんは、大人と違って肌にハリや潤いが十分にあります。そのため、ハッキリ目に見えていないだけなのです。また、赤ちゃんは年齢を重ねておらず、紫外線を浴びていないことも理由の1つです。ほうれい線が目に見えて、目立つようになるのは、30代の後半になる人が多いです。しかし、肌の状態は人によっても違います。早い人だと、20代前半くらいでほうれい線が目立ち始めます。肌のケアをする人としない人では、発症する年齢や深さが変わります。進行して深くなってしまうと、セルフケアだけでは対処できなくなることがあるので、早い段階でほうれい線を意識して肌のケアをしましょう。

ほうれい線は誰でもできる?????

ほうれい線は消すことは可能????

ほうれい線を完全に消すことは難しいかもしれませんが、改善する方法はいくつもあります。その方法は「美顔器でマッサージする方法」、「ビタミン・コラーゲンを摂る方法」、「化粧品で肌ケアする方法」などです。加えて、「日焼けを防ぐ」こともほうれい線を消す効果があります。できてしまったほうれい線を自分で消すには時間がかかりますが、消すための努力を続けることが若さを保つ秘訣です。早くほうれい線を消すことを考えている人は、美容外科を利用するとよいでしょう。美容外科では、「レーザー治療」や「ヒアルロン酸注射」、「フェイスリフト」など、気軽に受けられる治療内容が人気です。その人に合った治療を行えば、自分で消すよりも早くほうれい線を消すことができます。プチ整形はダウンタイムが少なく、利用しやすいです。また、リーズナブルに受けられるので、定期的にほうれい線を消すため美容外科を利用している女性も少なくありません。

ほうれい線は消すことは可能????

ほうれい線のおすすめクリニック

詳しくはこちら

品川美容外科

品川美容外科

品川美容外科は、一人ひとりの希望や疑問に応えられるよう積極的に向き合い、実際にシミュレーションして細かい部分までデザインします。

  • 詳しく見る
  • 公式サイトへ