TOP > ほうれい線Q&A > 施術後について

ほうれい線Q&A

施術後についてのQ&A

仕事が翌日に控えている場合も施術は可能?

ほうれい線を消す施術としてポピュラーな「ポラリス」や「ヒアルロン酸注入」、「フェザーリフト」。いずれの施術も、翌日からの仕事に影響はありません。ほうれい線を消す施術はいずれもメスを使用しないため、内出血や腫れがほとんど現れません。仮に現れたとしても、メイクで隠せる程度の軽いものであり、1週間もすれば落ち着きます。また、施術の翌日であっても自然な仕上がりなので、周りの人にバレる心配もありません。ほうれい線を消す施術では麻酔を行う場合もありますので、施術を受けた当日は眠気や集中力が途切れることがあります。麻酔を使用した場合、当日に運転や仕事をするのは控えた方がよいでしょう。また、力仕事もしばらく控えた方が無難です。この3つの施術では、遅くとも翌日からメイクや入浴が可能となるので、日常生活に支障をきたす心配はありません。『ほうれい線を消す施術を受けたいけど、仕事や生活が不安』という女性でも、安心して利用できます。

仕事が翌日に控えている場合も施術は可能?

特別なケアは必要?

ケアが必要なのは、ポラリスのみです。ポラリスはレーザーを皮膚に照射するため、施術を受け終わったあとの皮膚はとても敏感な状態です。その状態で紫外線を浴びると必要以上にダメージを受けてしまいますので、しっかりとしたUVケアが必要です。ほうれい線の原因の1つは、紫外線です。ポラリスに限らず、UVケアは欠かさない方がよいでしょう。特別なケアというわけではありませんが、施術後はマッサージを行うのが望ましいとされています。ほうれい線を消す施術を受けても、肌に気を使わなければ再度目立つようになることも考えられます。マッサージを行うことで表情筋が刺激され、より長く施術の効果をキープできます。しかし、フェザーリフトに関しては糸がほつれてしまう可能性があるので、1ヶ月程度は強い力でのマッサージは控えましょう。あとは、ほうれい線を消す施術を受けたからといって、スキンケアを疎かにすることがないようにしたいものです。

特別なケアは必要?

トラブルがあった場合はどうすればいいの?

ほうれい線を消す施術は、上記でも記述しているように体に負担の少ない施術です。しかし、トラブルが100%起きないというわけではありません。何かトラブルがあったときには、施術を受けた美容外科を訪ねましょう。美容外科では患者の不安を消すために、アフターケアや保障を用意しています。施術後に違和感があったり、腫れが引かなかったりというトラブルが起こっても、丁寧に診察を行い適切な処置を施してくれるのです。軽率な自己判断は、さらにトラブルを悪化させてしまう可能性があります。何か少しでも気になることがあれば、直接訪ねなくとも、電話やメールでの対応も行ってくれますので、1度相談してみるとよいでしょう。アフターケアや保障について事前のカウンセリングで確認しておけば、トラブルが仮に起こってしまっても焦ることもありません。滅多に起こることではありませんが、そういった可能性も考慮して、備えておくに越したことはありません。

トラブルがあった場合はどうすればいいの?

ほうれい線のおすすめクリニック

詳しくはこちら

品川美容外科

品川美容外科

品川美容外科は、一人ひとりの希望や疑問に応えられるよう積極的に向き合い、実際にシミュレーションして細かい部分までデザインします。

  • 詳しく見る
  • 公式サイトへ