TOP > 特集!○○でほうれい線を消す > 化粧品でほうれい線を消す

特集!○○でほうれい線を消す

化粧品でほうれい線を消す!!

鏡を見て、笑ったときにできたほうれい線がしばらく消えない人は、注意が必要かもしれません。美容外科では、ほうれい線を消す治療を行っていますが、料金や治療についての疑問があり中々踏み込めない人も少なくありません。そういった人は、化粧品を使用して解消しましょう。化粧品には、基礎化粧品や下地、コンシーラー、ファンデーションなどがあります。これらを上手に使用すれば、ほうれい線を消すことができます。化粧品には色々な種類がありますが、その中でもアンチエイジング効果の高い化粧品を使用することで、ほうれい線を消す効果が増します。アンチエイジング化粧品でも高額なもの選択するのではなく、肌に合うものを選択しましょう。

化粧品でほうれい線を消す!!

ほうれい線を目立たなくするメイク法をご紹介!

ほうれい線を目立たなくするメイク法をご紹介!

下記では、ほうれい線を消すメイクをするための3つのステップと化粧直しの仕方、それぞれの化粧品選びのポイントなどを紹介しています。普段しているメイクに1ステップ加えるだけの手軽な方法でほうれい線を消すことができます。メイクでほうれい線を完璧に消すというよりは、隠すという意味合いが強いです。スキンケアを使用して徐々に消すこともできますが、効果が出るのに時間が掛かることがあります。しかし、メイクで消す方法は、普段のメイク時間に加えて数分で終了します。そして、美容外科に行く時間や手間が省け、すぐに実践できます。

メイク前のスキンケア

メイク前のスキンケア

スキンケアはほうれい線を消すため、化粧のノリを良くするために大切なステップです。まずは、洗顔できちんと汚れを落としましょう。洗顔の際には、しっかりと泡立てて擦らず優しく洗いましょう。洗顔料で泡立ちが悪いものは、油分を必要以上に多く落とし、乾燥を促すことがあるので選ぶ際に注意しましょう。次に化粧水と乳液、美容液で保湿します。しっかりと肌に馴染ませるよう塗り、マッサージも兼ねて行うと良いです。

下地を付ける

下地を付ける

下地は、初めに塗る化粧品です。これを塗ることで、そのままファンデーションを塗るより肌のベースが整って綺麗に塗れます。下地を選ぶ際は、毛穴をカバーするものを選択しましょう。これらは、毛穴を隠す、シワを目立たなくする、肌の表面を滑らかにする効果があります。また、保湿や潤い効果のある化粧下地もあります。そういった下地を選択すると、ほう.れい線を消す効果がより高まります。塗り方のポイントは、ほうれい線部分に薄く塗ることです。

コンシーラーの使い方

コンシーラーの使い方

コンシーラーをベッタリと塗ってしまうと、逆に目立つ可能性があるので注意しましょう。ほうれい線を消すためのコンシーラー選びでは、自分の肌よりも少し明るめの色を選びましょう。特に、リキッドタイプは消す効果が強いです。コンシーラーがない場合は、ハイライトを使用しましょう。塗り方は少量を少しずつほうれい線にのせ、指で徐々に馴染ませるだけです。この時、スポンジを使って上下に動かして塗ると綺麗です。

ファンデーションの使い方

ファンデーションの使い方

コンシーラーと同じで厚く塗り過ぎると逆効果になるので、注意しましょう。ファンデーションは、少しパールの入っているものを選択すると光の反射を利用でき、ほうれい線を消す効果がより高まります。パフを清潔な状態にしておくと、綺麗に塗れます。ほうれい線部分への塗り方は、叩くようにすると馴染みやすくなります。ファンデーションを塗ってもほうれい線を消すことができなかった場合は、ハイライトを同じように塗りましょう。

メイク直しの方法

メイク直しの方法

どうしても時間が経過すれば、メイクは崩れます。メイク直しの際に見るのは、ほうれい線にファンデーションやコンシーラーが溜まっていないかです。残ったままの状態でファンデーションを重ねてしまうと、さらに化粧は崩れます。まずは、溜まってしまったファンデーションをティッシュや綿棒を使用し、取りましょう。そして、ファンデーションを塗った時と同様、スポンジを使用し、優しく叩いて塗ります。この時も、厚く塗り過ぎない注意が必要です。

他の特集もチェック!

  • ツボ押しでほうれい線を消す

    ツボ押しでほうれい線を消す

    詳しく見る

  • エクササイズでほうれい線を消す

    エクササイズでほうれい線を消す

    詳しく見る

  • 美容整形でほうれい線を消す

    美容整形でほうれい線を消す

    詳しく見る