TOP > ほうれい線予防コラム

ほうれい線予防コラム

ほうれい線をつくらないための予防ケア

ほうれい線をつくらないために、毎日のケアを続けることが大切です。ほうれい線予防ケアは様々な種類があるので、自分にピッタリなケアを見つけチャレンジしてみましょう。ここで最初に紹介するのは「ゴマ油うがい」です。これはインドの伝統的な医学、アーユルヴェーダでも紹介されており、ほうれい線を消すだけでなく予防もできる方法です。また、リラックス効果や美肌効果もあるといわれています。方法は簡単、白ゴマ油を100度になるまで温めます。それを冷ましてから、大さじ1杯を使いうがいをしましょう。うがいの時間は30秒でよいので、毎日続けられます。うがいが終わった後は、ティッシュなどに油を捨てましょう。油は排水口に捨てることができないからです。また、ゴマ油でうがいをした後は口をゆすいではいけません。効果が薄くなってしまうからです。なぜ、ゴマ油うがいが効果的なのかというと、ゴマリグナンと呼ばれる物質が老化の天敵である活性酸素を分解してくれるからです。ゴマリグナンは100度程度に温めることで、より多く生成されほうれい線対策に効果的になります。これは、大豆や乳製品に含まれるイソフラボンと同じように、女性ホルモンと同様の効果があるのです。そのため、ほうれい線を消すだけでなく、更年期障害を予防する働きもあります。一般的にゴマ油というと、茶色を想像する人が多いでしょう。しかし、ゴマ油うがいで使うのは、白いゴマ油です。一般的なゴマ油と比較し、白ゴマ油は体に良い成分が多く含まれ、味や匂いも薄いです。そのため、うがいをするのに適しています。次に紹介するほうれい線を作らないための方法は、食事です。ほうれい線を予防するには、「タンパク質」や「ビタミンC」、「コラーゲン」が多く含まれた食べ物を摂取しましょう。タンパク質は新陳代謝を良くし、肌が潤います。肌のハリや弾力を作っているのも全てタンパク質なので、ほうれい線を予防するだけでなく、美肌を目指す女性にとって必要不可欠な成分です。タンパク質が多く含まれる食材は、魚の赤身やヨーグルト、チーズ、ささみなどです。ビタミンCは肌の老化を防ぎ、コラーゲンをより生成します。また、ほうれい線の原因になる紫外線対策や病気から体を守る抵抗力も高めます。ビタミンCが多く含まれる食材は、いちごやアセロラ、レモン、ピーマンなどです。コラーゲンは保湿機能が非常に高く、減ってしまうと肌が乾燥し、ほうれい線ができやすくなります。そこで、すっぽんや手羽先、うなぎ、ゼリーなどのコラーゲンが多く含まれる食材を摂取しましょう。これらの成分が含まれた食材をこまめに摂取すれば、ほうれい線を予防できます。

予防ケア

予防ケア

ほうれい線のおすすめクリニック

詳しくはこちら

品川美容外科

品川美容外科

品川美容外科は、一人ひとりの希望や疑問に応えられるよう積極的に向き合い、実際にシミュレーションして細かい部分までデザインします。

  • 詳しく見る
  • 公式サイトへ